ヨークシャーテリアのしつけ方について

ヨークシャーテリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨークシャーテリア


ヨークシャーテリアの歴史は、19世紀にイギリスの「ヨークシャー地方」と呼ばれる工業地帯で、家を荒らすネズミ対策の犬として飼育されたところからスタートします。その後1886年にイギリスで正式に公認され、犬種としては比較的新しい犬です。

そんなワイルドな歴史から始まったとは思えないほど美しく優雅なルックスで、現在はペットとして女性を中心に人気を集めています。数ある犬種の中でもチワワに次いで小型なので、室内でも飼育しやすいというのも人気の理由です。

また、「目で話す犬」と言われるほど表情が豊か で、明るい性格も魅力的です。なわばり意識が強く、自分のテリトリーを守ろうとする気質も持ち合わせているので、番犬としても飼ってみてもよいかもしれません。

「動く宝石」と呼ばれるほど美しいルックス


ヨークシャーテリアはシルクのようになめらかでやわらかい毛質が大変魅力的で、その美しさから「動く宝石」と呼ばれることもあるほどです。

以前はその美しい毛をひきずるほど長くしている飼い主もいましたが、現在は手入れの手間や衛生面なども考慮して、適度な長さでカットしているケースが多いようです。

この美しい毛は生後3ヵ月くらいまでは黒く、それ以降は徐々に褐色になります。成長に伴って毛の色が変化していくのもヨークシャーテリア特徴です。

自尊心にあふれた知的な性格


ヨークシャーテリアはその優雅なルックスの通り、自尊心にあふれた知的な性格をしています。プライドが高いので、人間との上下関係をしっかり理解して、飼い主の言うことを素直に聞くようになるまで少し時間を要するかもしれません。

ヨークシャー・テリアをしつけるときには決してあせらず、「ちょっと気長にがんばってみよう!」というくらいの気持ちで取り組んでみましょう。

非常にエネルギッシュな一面も


また、もともとはアクティブにねずみを捕獲する犬だっただけあって、非常にエネルギッシュな一面も持っています。そのため、エネルギーをもてあまして何かをかじったり、吠えたりすることもよくあります。

吠えたり噛んだりするのを抑制したいときには、スタンダードなしつけの方法に加えて、長く散歩に出かけたりたっぷりと遊んであげたりして、エネルギーのはけ口を作ってあげるとうまくいくこともあります。

また、飼い主に対してとても愛情深いという気質も持っています。ヨークシャテリアが吠えたり噛んだりしているときは、大好きな飼い主の気を引くためにそういった行動をとっている可能性もありますので、スキンシップを取ったり遊んであげる時間を増やしてみましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の犬種のしつけ