散歩での引っ張り癖

引っ張り癖の原因は主従関係にある

このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ張り癖のある犬


散歩中に犬が飼い主よりも前に出て、自分の行きたい方向に飼い主を引っ張って行こうとする行動を「引っ張り癖」と呼びます。引っ張り癖がついてしまうと、大型犬の場合は飼い主が犬の行く先をコントロールできず、引きずられてしまうことにもなりかねません。

小型犬ですと、引っ張ろうとする犬を引き戻そうとしてリードを強く引いたら、犬の首元が締まって可愛そうな思いをさせてしまうかもしれません。

楽しい散歩の時間が、犬にとっても飼い主にとってもストレスになってしまっては元も子もありませんね。快適な散歩を継続させるためにも、引っ張り癖はきちんとしつけ直しておきましょう。

脚側歩行訓練で主従関係をしっかり身につけさせる


犬が飼い主を引っ張ってしまう理由のひとつが、飼い主と犬との間の主従関係、つまり上下関係がきちんと成立していないことも考えられます。

飼い主がきちんと犬の上位者になれていない、犬は自分が従属すべき立場にあると認識していないということです。これを正すためにも、歩行訓練を行いましょう。

犬が飼い主の前にでたり、飼い主に従わずに離れた場所を歩いた場合に、歩行をストップすることにより、正しいスタンスで歩行させる訓練です。

訓練は散歩に出かける前からスタート


実は、この訓練は散歩に出かける前からスタートしています。室内ですでにリードを引っ張って外に出ようとした犬は、その時点で外に出してはいけません。リードをつけた後に過剰に興奮している場合は、「お座り」と「マテ」をさせて、それが上手にできた時点で初めて外に出してあげましょう。

なかなか大人しくならなくても、ひたすら静かに待ちましょう。 どんなに引っ張っても騒いでも飼い主がいっこうに散歩に行かないと理解すると、 犬は静かになります。静かになったらきちんと褒めてあげてから、散歩に出かけましょう。

学習するまで、辛抱強く続けましょう!


歩き始めて犬が飼い主を引っ張ったら、立ち止まって静かにするまで待ち続けましょう。そして犬が大人しくなったら褒めてあげて、また歩き始めます。犬がリードを引っ張るたびにこれを繰り返します。

なかなか忍耐のいる作業ですが、「引っ張ると飼い主がストップしてしまう。」ということを犬が学習するまで、辛抱強く続けましょう。それでもなかなか引っ張り癖がなおらない場合は、犬がリードを引っ張ったときに、ただ待つだけではなく逆走してみるのも効果的です。

これだとかなりペースの遅い散歩になりますので、運動やストレス解消といった散歩本来の目的が達成しづらいこともあります。ですので、この散歩はあくまでもしつけの一貫と考え、犬の引っ張りグセがある程度緩和されてきたら、いつもの散歩にも連れて行ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加