犬のトイレのしつけ方について

トイレしつけに悩む飼い主は多い

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレのしつけ


犬を飼う場合、最低限覚えさせたいマナーのひとつが「トイレ」です。犬には「自分の寝る場所以外は、すべて排泄してかまわない場所という…」という常識があります。

中には、寝る場所ですらトイレ代わりにしてしまう犬もいます。これは衛生面でもよくありませんし、他人の家にお邪魔したときや公共のスペースで過ごす際に、迷惑をかけてしまう可能性もあります。

大人になって排泄の習慣にクセがついてしまってからでは、なかなかしつけにくくなってしまいますので、犬を飼い始めてすぐにマスターさせるようにしましょう。

まずはトイレという存在を認識させる


トイレのしつけを行う際に最初に必要なことは、トイレという存在を犬に認識させることです。犬がトイレを認識する際に利用するのは“嗅覚”です。

犬は排泄物の臭いがする場所を、本能的にトイレだと判断しますので、犬のおしっこを染み込ませたシートを犬用トイレに設定してみましょう。

また、トイレを認識させるための専用の臭いスプレーなども市販されているので、利用してみてもよい方法です。その場所で犬が排泄することができたら、優しく撫でたり、必要に応じておやつやおもちゃなどのご褒美を与えるなどして褒めてあげましょう。

トイレを置く場所にも配慮が必要です。犬は排泄の際にとても無防備な姿勢になりますので、とにかく他人から害されることのない、安心して落ち着ける空間で排泄することを望みます。

暗い場所や人がたくさんいる場所は、犬のトイレには適しません。明るくて、広くて、人の出入りが少ない場所がトイレには理想的です。もし、いくらトイレに連れていっても犬が嫌がるようでしたら、強要はせずに場所を変えることを検討をしましょう。

犬が決してわがままを言っているのではなく、「ここでは排泄できません」という本能的なサインなのかもしれません。

犬が排泄したがるタイミングにも注意


もし犬が排泄したがるタイミングに遭遇したら、自分の決めたトイレに連れて行くのも効果的です。例えば、朝起きてスグ、食後、寝る前などです。そわそわと床を歩き回ったり、においをかぎはじめたら排泄したがっているサインかもしれません。

睡眠中は基本的に排泄を抑制できますので、朝起きてスグや寝る前はトイレに行きたくなる可能性が高まります。食後も胃腸の働きが活発になって、排泄が促されます。このあたりのメカニズムは、人間と同じですね。

怒るのも、甘やかしすぎもNG


「トイレ」をしつける際には、怒るのも、甘やかしすぎも良くありません。もし失敗して怒ったりペナルティを与えてしまうと、犬が飼い主に反感を持って、ますます命令に従わなくなってしまいます。

しかし、あまり嬉々として失敗した糞を片付けたりするのもNGです。飼い主が犬の排泄物に興味を持っている、と犬が間違った認識をしてしまう可能性もあります。失敗した際には、無言で事務的に排泄物の処理を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加