その他の犬種(小型犬)について

その他の犬種(小型犬)

マルチーズ

ふさふさとした長い光沢のある毛や、品のあるエレガントな歩き方が、優雅な印象を醸し出すマルチーズ。もともとは地中海に浮かぶ「マルタ島」という島国で生まれたことが名前の由来になっていると言われています。フランスやイギリスの上流階級でも愛されていたというだけあって、ゴージャスな雰囲気を漂わせる犬種です。シ...

≫続きを読む

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、イギリス生まれの犬種で、もともとは牧畜犬として活躍していた犬です。古くからイギリス王室で飼われていたことでも有名な、歴史の深い犬でもあります。「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」と名前やルックスは似ていますが、全くの別犬種ですのでご注意ください。胴長&短足とい...

≫続きを読む

 

パグ

短くて低い鼻、垂れた耳、コロンとした体。とてもチャーミングなパグは、その愛嬌のあるルックスで人々の心を癒してくれる人気のペットです。ラテン語で「にぎりこぶし」を意味する言葉「パグナス」が名前の由来になっているというだけあって、まさににぎりこぶしのような丸くてくしゃっとした顔立ちも特徴的です。黒・グレ...

≫続きを読む

 

ミニチュア・ピンシャー

すらりとした華奢なボディに、くりっとしたチャーミングで大きな目が特徴的なミニチュア・ピンシャー。元々はねずみなどの害獣駆除を目的としてドイツで生まれた犬種です。小さな体にも関わらず大胆で勇敢な性格が特徴的で、番犬としても信頼されている人気の犬種です。ドイツでは小さな「かみつき犬」を意味する「ツベルク...

≫続きを読む

 

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルは、イギリス生まれの小型犬です。日本では「キャバリア」「キャバ」などの愛称で呼ばれることもあります。「キャバリア」は「騎士」という意味を持っており、その名前の通りキャバリア・キングチャールズ・スパニエルも、小型犬でありながらも堂々とした紳士的な風格を備えていま...

≫続きを読む

 

ジャック・ラッセル・テリア

ジャック・ラッセル・テリアはイギリス生まれの犬で、もともとはキツネ狩りのために生み出された犬種です。小さな動物を追い回す役目を担っていたために性格はやや荒いのですが、最近は他の犬との交配による犬種改良なども行われ、以前よりは性格がやわらかくなって飼いやすくなっています。小動物や他の犬と一緒に飼うこと...

≫続きを読む

 

ビーグル

ビーグルはローマ時代から存在する歴史のある犬種で、ウサギ狩りで活躍していた活発な犬です。体のわりに鳴き声が大きく、それゆえに「森のトランペッター」などの愛称で呼ばれることもあります。他の犬よりも嗅覚に優れていて、日本の空港では検疫探知犬として活躍するほどです。長く垂れた耳と大きな黒い目がチャーミング...

≫続きを読む

 

ペキニーズ

ペキニーズ中国生まれの小型犬で、中国の歴代王朝で寵愛されていたと言われる歴史のある犬です。ライオンのような凛々しい体形と、猫のような独特の性格を持つペキニーズは、イギリスでも宮廷や貴族などのセレブたちに愛された特殊な犬です。毛の色はホワイトやブラックが多く、前足は太くてがっしりしています。しかし後ろ...

≫続きを読む

 

ボストン・テリア

ボストン・テリアは、アメリカ合衆国生まれの小型犬です。コロンとした小さなボディに、ピンと立った小さい耳と短いしっぽ、そしてキュートな低い鼻が特徴的な、非常にチャーミングなルックスの犬種です。その愛嬌ある風貌で、たくさんの犬好きたちの心を癒してくれる人気の犬種です。毛は短かく、毛の色はブラック&ホワイ...

≫続きを読む

 

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、スコットランド生まれの犬種です。小さな体が白一色の長いやわらかな毛で覆われており、長い毛の間からのぞくくりっとした黒い目やもこもこした短い手足など、まるでぬいぐるみのように可愛らしいルックスで、女性を中心に高い人気を獲得しています。「ウェスティ」の愛称で呼ば...

≫続きを読む

 

シェットランド・シープドッグ

小型で敏捷性に富むシェットランド・シープドッグ。「シェルティー」という愛称でも呼ばれています。イギリスのシェットランド諸島が原産で、厳しい気候に耐えられるよう、次第に小型化されてきた犬種です。牧羊犬としても活躍できるかしこさ、忠実さ、スピード、機敏な動きができる犬種ですです。体高は33〜41cm、体...

≫続きを読む

 

イタリアン・グレーハウンド

イタリアン・グレーハウンドはイタリア原産の犬種です。体高は雄、雌ともに35cm前後、体重は5kg前後という小さな犬です。レーシング・ドッグや愛玩犬として改良が重ねられ、小型犬ながらもすらりとした長い手足や美しいカーブを持った優雅な姿で、現在高い人気を獲得しています。身分の高い人々に愛された気高くエレ...

≫続きを読む

 

ワイヤー・フォックス・テリア

ワイヤー・フォックス・テリアは、テリア犬種の中でも世界的に最も有名といわれている人気の犬種です。ワイヤー・フォックス・テリアは、もともと穴に隠れているキツネの駆除やキツネ狩りをするために飼育されていた犬で、それが名前の由来にもなっています。勇敢で活発であり、やや闘争的な一面も持ち合わせた典型的な「テ...

≫続きを読む

 

日本スピッツ

日本スピッツは、日本生まれのスピッツ犬種です。日本スピッツの生い立ちについてはいくつかの説がありますが、大正末期〜昭和初期にかけて、モンゴルから移入してきた「サモエド」と呼ばれるシベリア生まれの犬種に、スピッツを交配して生み出されたというのが最も有力とされています。真っ白いやわらかい毛と、大きくて黒...

≫続きを読む

 

ケアーン・テリア

ケアーン・テリアはスコットランド生まれの犬種で、世界のテリア犬種のなかでも、最も古い犬種のひとつだと言われています。もともとは岩の隙間や穴に潜んでいる小動物を捕まえるために飼育されていた犬でです。顔や体を覆うふさふさをした毛は、固くて雨風に強いタフな毛質をしています。がっしりとしたたくましい体はワイ...

≫続きを読む

 

狆(チン)

狆(チン)はチベット生まれの小型犬で、中国から朝鮮を経て日本にやってきました。先祖は「チベタン・スパニエル」と呼ばれるスパニエル犬種だと言われていますが、現在の狆(チン)には、「ペキニーズ」「キング・チャールズ・スパニエル」などの血も入っているようです。狆(チン)が最初に日本に登場したのは奈良時代と...

≫続きを読む

 

ビション・フリーゼ

ビション・フリーゼはカナリア諸島生まれの小型犬です。「ビション」は「飾る」、「フリーゼ」は「巻き毛」を意味します。その名前の通り、白くてふわふわの巻き毛が全身を覆ったとてもユニークなルックスが特徴的です。そのゴージャスなルックスは貴婦人たちを魅了し、古代ローマでは上流階級のセレブたちに愛される犬でも...

≫続きを読む

 

スコティッシュ・テリア

スコティッシュ・テリアはスコットランド生まれのテリア犬の一種です。「スコッティ」というニックネームで呼ばれることもあります。もともとは獲物の潜む狭い穴の中にもぐって戦う狩猟犬でしたので、小さな体の割りにはたいへん筋肉質の体をしています。ふさふさとしたブラックの毛は針金のように固く、独特の眉と顎のひげ...

≫続きを読む

 

ミニチュア・ブル・テリア

ミニチュア・ブル・テリアは、イギリス生まれの小型犬です。その名前の示すとおり、「ブルテリア」を小型化して作られた犬種です。もともとはネズミ狩りや闘犬ゲームで活躍させるための犬として飼育されており、ブルテリア同様、やや凶暴な性格を持っていました。しかしその後の改良によってその凶暴な性格は取りのぞかれ、...

≫続きを読む

 

チャイニーズ・クレステッド・ドッグ

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、中国原産のへアレス犬種です。へアレス犬種とは、体に被毛がほとんどない犬種のことを指します。普通の犬と比較して毛の手入れの煩わしさが少なく、アレルギー体質の人にも飼いやすい犬種です。毛がないぶん体温が他のの犬よりも高いとも言われています。チャイニーズ・クレステッド...

≫続きを読む

 

ノーフォーク・テリア

ノーフォーク・テリアはイギリス生まれの小型犬で、「テリアグループ」に属する犬種です。もともとはネズミやキツネなどの小動物を捕獲するための狩猟犬として、イギリスの農村で飼育されていましたが、現在では農村だけでなく都市部でもペットとして飼われるようになりました。小さな体にも関わらず、どんな天候にも耐える...

≫続きを読む

 

プチ・バセー・グリフォン・バンデーン

プチ・バセー・グリフォン・バンデーンは「グラン・バセー・グリフォン・バンデーン」という犬種を小型&短足化に改良したフランス生まれの犬種です。「プチ・バセ」という愛称で呼ばれることもあります。プチ=小さい、バセー=低い、グリフォン=剛毛、そしてのバンデーンはフランスの地域を意味しています。その名前の示...

≫続きを読む

 

ブリュッセル・グリフォン

ブリュッセル・グリフォンは、ベルギー生まれの小型犬の一種です。「グリフォン・ブリュッセロワ」と呼ばれることもあり、類似犬種として若干色の異なる「ベルギー・グリフォン」や、短毛の「プチ・ブラバンソン」などが存在します。グリフォンという言葉はフランス語で「針金のように剛毛」を意味し、その名前の通り硬い毛...

≫続きを読む

 

チベタン・スパニエル

チベタン・スパニエルはチベット生まれの犬種です。大昔のチベットでは獅子が仏教のシンボルであり、獅子のようなルックスをした犬のことを神聖な存在として大切にしていました。この文化はチベットの隣国・中国でも同様で、チベットと中国はお互いのシンボル犬を、友好の証として贈与し合っていました。そのうち、中国とチ...

≫続きを読む

 

トイ・マンチェスター・テリア

トイ・マンチェスター・テリアは、イギリス生まれの小型犬種です。祖先犬は「ブラック・アンド・タン・テリア」という犬種で、ネズミを捕まえることに関しては抜きん出た才能を持った犬でした。その才能に人々は注目し、短時間内でどれだけのネズミを捕獲できるかを競う「ネズミ捕りレース」を開催し、ブラック・アンド・タ...

≫続きを読む

 

日本テリア

日本テリアは日本生まれの犬種です。家庭で飼育しやすい犬種として創作され、トイ・テリアの中では唯一の日本原産犬種として知られています。1700年代にオランダからやってきた「スムース・フォックス・テリア」という犬種を小型化して、改良を重ねた結果、現在の日本テリアの形になったと言われています。日本テリアは...

≫続きを読む

 

ラサ・アプソ

ラサ・アプソは、チベット生まれの小型犬です。原産地のチベットでは「アプソ・セン・カイ」と呼ばれることもあります。ラサ・アプソは大変長い歴史をもった犬種です。ラサ・アプソの名前に含まれる「ラサ」は、チベット仏教の聖都でもある都市「ラサ市」に由来します。ラサ・アプソは人が死んだ後に「魂が宿る犬」と信じら...

≫続きを読む

 

ボロニーズ

ボロニーズはイタリアのボローニャ地方生まれの犬種です。11世紀頃から存在していたと言われている、歴史の長い犬です。「ウォーター・スパニエル」という犬種が小型化されて誕生したという説や、「ショック・ドッグ」という犬種の突然変異によって偶発的に誕生した説など、ボロニーズの誕生には複数の説があります。ボロ...

≫続きを読む

 

シーリハム・テリア

シーリハム・テリアは、イギリスのウェールズ地方生まれのテリア犬種の一種です。生みの親である「ジョン・エドワード」という人物が、ウェール地方に居住していたことが名前の由来になりました。ジョン・エドワーズがかねてより求めていた「勇敢で判断力の高い犬種」を生み出すための、特別なプロジェクトのもとシーリハム...

≫続きを読む

 

レークランド・テリア

レークランド・テリアはイギリス生まれのテリア犬種の一種です。誕生初期は農家の人々に飼育され、キツネを捕獲する狩猟犬として活躍していました。また、その勇敢な性格をいかして、カワウソなどの害獣駆除犬としても重宝されていました。次第にキツネ狩りが娯楽として人々の間で人気を得るようになり、それに伴いレークラ...

≫続きを読む

 

チベタン・テリア

チベタン・テリアはチベット生まれの牧羊犬の一種です。名前に「テリア」が付いていますが、テリア犬種ではありません。体の大きさがテリア犬種と同じくらいのサイズだったことから、この名前が付いたと言われています。チベタン・テリアの歴史は古く、紀元以前から存在していました。もともとは遊牧民が牧羊犬として飼育し...

≫続きを読む

 

ブル・テリア

ブル・テリアはイギリス生まれの犬種です。「ホワイト・イングリッシュ・テリア」と「スタッフォードシャー・ブル・テリア」と「オールド・イングリッシュ・ブルドッグ」を交配させたことによって誕生しました。最初は「ブル・アンド・テリア」と呼ばれていましたが、後に短縮化されて現在の名前で呼ばれるようになりました...

≫続きを読む

 

スキッパーキ

スキッパーキはベルギー生まれのスピッツタイプの小型犬です。先祖は「ルーベルナール」と呼ばれる黒毛の牧羊犬であったと言われています。17世紀頃になると、スキッパーキはブリュッセル地方の靴の修理屋によく飼われるようになりました。その理由は、靴屋たちが自分の作った首輪をスキッパーキにつけて、それを他の人々...

≫続きを読む

 

コーイケルホンディエ

コーイケルホンディエは、オランダ生まれの犬種です。昔からカモ猟で活躍する猟犬として、人々に重宝されてきました。当時はまだ猟銃が存在しなかったため、猟師が網を放つ前に、コーイケルホンディエがカモをおびきよせるという役目を果たしていました。コーイケルホンディエが草の中に隠れてしっぽだけを出し、そのふわふ...

≫続きを読む