おすわりの教え方について

おすわりは重要なしつけの一つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お座りをする犬


犬の芸の中でも「おすわり」は「お手」と同様、比較的簡単に覚えさせることができます。特に無理なポーズや激しい運動をさせるわけでもなく、自然な体制で座らせるだけなので犬も簡単に順応することができます。

「おすわり」は犬が成長してしまうとなかなか覚えさせるのが困難になってしまいますので、できるだけ初期の段階でマスターさせるようにしましょう。

「おすわり」は、飼い主と犬との間の主従関係を認識させることもできる大切なしつけです。また、他の人や他の犬に対して攻撃的になったときなど、気持ちを落ち着かせる手段としても有効です。

おやつを握った手を背中の方に


「おすわり」を覚えさせるためには、おやつを使った方法がオススメです。まず、犬が大好きなおやつを用意します。

そのおやつをしっかりと手に握って、犬の鼻先に近づけてにおいをかがせます。こうして、手のひらの中に大好きなおやつがあることをしっかり認識させましょう。

そしておやつを握った手を犬の鼻付近で動かし、犬の背中の方に手を移動させます。こうすることで、犬は手の動きを追って上を向き、自然と腰をおろして「おすわり」の体制をとるようになります。

「おすわり」を教える際のポイント


この体制をとるようになったら、口に出してはっきりと「おすわり」と言いましょう。このままの体制で少し時間をおいたら、手に持っていたおやつをあげて、体や頭を撫でて褒めてあげます。

こうすることで、犬の中に『飼い主が「おすわり」と言うタイミングでこの体制をとると、おやつがもらえる』という認識が芽生えます。「おすわり」のしつけに限らず、しつけに成功した場合はおやつをあげるだけではなく、きちんと褒めてあげることが大切です。

犬は飼い主が怒っていることや喜んでいることを敏感に察知します。そして、従順な犬は飼い主が喜んでくれることを行うようになるのです。また、「おすわり」のしつけは犬がお腹をすかせている食事の際に行うのも効果的です。

無理な要求や痛い思いをさせるのはNG


どうしても落ち着きがなく、なかなか「おすわり」のポーズをとらない場合は、「おすわり」と言いながら犬の背中やお尻を軽く押さえつけるようにしてみましょう。

少しでも「おすわり」のポーズをとったら、すかさず褒めてあげてください。その際に、強く押しすぎたり無理に押さえつけたり、痛い思いをさせることのないように注意しましょう。

「おすわり」=「痛いこと」と認識してしまうと、その後なかなか「おすわり」をしなくなってしまいます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加