シャンプーを嫌がる犬のしつけ方について

シャンプーを嫌がる犬には「慣れ」が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンプー後の犬


犬の中には、シャンプーを嫌がって飼い主を困らせてしまう子がいます。臆病な犬だと、水の気配を感じただけで嫌がってしまい、お風呂場にすら近づかないこともあります。犬がシャンプーを嫌がるのには、何かしらの理由があります。

例えば、初めてシャンプーをしたときに何か良くないハプニングがあった、小さい頃に子供たちにふざけて水をかけられた、など…。一度嫌な経験をしてしまうと、その意識を強く引きずってしまうのです。

シャンプーを嫌がる犬を慣れさせるためには、焦らずじっくりと、信頼関係を築きあげながらしつけることが大切です。

まずはお風呂場に連れていくところから


シャンプーに慣れさせるためには、ひとつ一つの段階を丁寧にクリアしていきましょう。まずは、お風呂場にスムーズに連れていくところから。

お風呂場は日常生活の中で行く頻度が少ないので、犬は抵抗感を感じてしまうかもしれません。そこで、お風呂場に慣れさせるために、特に用事が無くても1日に1回はお風呂場に連れて行ってみましょう。

始めのうちは、お風呂場にちょっとしたおやつやおもちゃなどのご褒美を置いておいて「お風呂場=楽しい場所」というイメージを持たせるようにしてみましょう。

リラックした雰囲気で行うのもコツ


次に、水やお湯をかけるというアクションに慣れさせます。犬を緊張させないよう、犬の体を撫でたり話しかけたりしながら、リラックした雰囲気で行うのもコツです。まずは、散歩から帰ってきた後に手足を洗う際に、水をかける範囲を徐々に大きくしていきます。

バケツや洗面器に足をつけさせたり、手ですくった水を体にかけるなどして、犬が水に触れる抵抗感を徐々に少なくしていきます。犬をより安心させるために、まず飼い主が水やお湯を手にかけて、安全なところをしっかりアピールしてから犬にかけるという方法も効果的です。

無理強いはせずに楽ししつけ


犬の中には、鼻や耳に水が入るという理由で、特に顔に水がかかるのを嫌がる子もいます。そんなときには無理強いをせず、しばらくは、顔は水やお湯に浸したタオルで拭いてあげるだけで済ませても良いかもしれません。

ドライヤーの熱を嫌がる場合は、こちらも無理強いはせずに、タオルでしっかりふき取るだけでもOKです。「シャンプー=嫌なこと」というイメージを持たせることは避けましょう。

徐々にシャンプーする間に大人しくしていられるようになってきたら、ご褒美をあげたり、オーバーリアクションで喜んであげるのもGoodです。飼い主が喜んでくれているということを犬が理解できれば、従順な犬はその行為を自ら進んで行うようになる可能性もあります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加