犬のしつけがうまくいかない理由について

犬のしつけがうまくいかない理由の多くは主従関係に問題がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

しつけに苦戦


愛犬との毎日のくらしは、楽しく幸せなものでありたいですね。「しつけ」がうまくいけば、愛犬も飼い主もお互い「ストレス」の少ない毎日がおくれるはずです。しかし、必ずしも最初から「しつけ」がうまくいくとは限りません。

リーダーシップをうまくアピール!


それでは、どうして「しつけ」がうまくいかないのでしょう?それは愛犬が飼い主のことを「リーダー」として認識していないことが挙げられます。犬という動物はもともと強い「ボス(リーダー)」と一緒に暮らしていた動物なので、飼い主もきちんとリーダーシップを見せることが大事なのです。



甘やかすだけの飼い主というのは、リーダーシップをうまく愛犬に見せていないことが多いようです。性格の強い犬ほど、「自分がリーダーシップをみせよう。」と思うこともあるようです。その場合、飼い主を噛んだり、飼い主に歯向かって吠えたり、言うことを聞かなかったりという行動に出ることがあるのです。

つまり、立場が逆になってしまうのです。しつけが上手くいかない場合はまず、飼い主が飼い主らしく、リーダーシップを持つことが大事です。良い「リーダー」として、群れをうまくひっぱっていきましょう。

「しつけ」と「怒る」ことの違いとは?


愛犬を「しつけ」ることは、子供に対する「しつけ」と同じで、間違ったこと、危ないことなど、愛情を持って教えること、そしてうまくできたことは褒めることです。その両方が揃って「しつけ」です。

感情をぶつけて「怒る」こととは別になります。感情をただぶつけるだけでは何が悪かったのか、どうしてなのか、愛犬も理解することができません。「リーダー」はきちんと筋を立て、愛情をもって「しつけ」なければなりません。

そしてうまくできた時はたくさん褒めてあげることも忘れないであげて下さいね。きちんと「しつけ」れば、無駄に怒ることなく家庭でのルールを愛犬も覚えてくれるでしょう。

正しい飼い方をすれば「誘導」や「調教」より時間はかかりますが、愛犬と良い関係を保ち、きちんと「しつけ」をすることが可能です。そして一度きちんと「しつけ」をしたことは、忘れることもほとんどありません。

まずは愛犬の性格、性質をよく知り、一緒に上下関係を築き上げていきましょう。愛犬は家族の一員です。子供を育てるときのように、上手に「しつけ」、愛情を込めてうまく出来たことはたくさん褒めてあげることです。私たちが子供だった頃、親や先生に褒められると嬉しくなったのと、愛犬の気持ちも一緒なのですね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加