犬の夜泣き対策について

犬の夜泣きに夜中に起こされる飼い主は多い

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜泣きする犬


犬の夜鳴きは、ひどいと飼い主が夜中に何度も起こされてしまうだけでなく、ご近所の迷惑になってしまう可能性もあります。犬との快適な暮らしを継続するためにも、夜鳴きの習慣はしっかりと改善するようにしつけておきましょう。

夜鳴きには色々な原因が考えられますが、生理的欲求やさびしさ、年をとった犬の場合は体調不良なども考えられますので注意しましょう。むやみに放置せずに、まずは何が原因かをしっかり探ってあげて、病気やトラブルによる夜鳴きの場合はしっかりケアしてあげてください。

犬は夜の間だけでも家の中に


もし夜鳴きの原因となるトラブルや病気が特別見当たらず、生理的欲求を感じる期間などにも当てはまらない場合は、やはりさみしいから鳴いているケースがほとんどでしょう。

その場合は、外で飼っている犬は夜の間だけでも家の中に入れてあげるとよいかもしれません。室内犬は、今までよりも人の気配が良く感じられるような場所に寝床を移してみてください。

しかし、犬によっては縄張り意識が強く、あまりに人の気配が近いとますます夜鳴きをするようになるケースも。犬の性格や様子を見ながら、寝床の場所を検討しましょう。

夜鳴きをしても徹底的に無視をする


かわいい愛犬が夜泣きをしていると、どうしても気になって様子を見に行ってしまいたくなることがあるかもしれません。しかし、これは夜鳴きのしつけを行う際には逆効果です。飼い主が見に行ってしまうと、犬は「鳴けば飼い主が来てくれる」と認識して、ますます夜鳴きをするようになってしまう可能性があります。

犬が夜鳴きをしても、徹底的に無視をしならばいけないのです。時間はかかるでしょうが、徹底的に無視をし続けることで、犬は「いくら泣いても飼い主は来てくれない」と認識して夜鳴きをあきらめるようになります。

サークルやゲージを囲んでみる


犬はもともと穴倉を好む動物です。あまりに広くて開放的な空間だと「いつ外的に襲われてしまうかわからない!」という本能的な不安から、夜鳴きをしている可能性もあります。

そんなときは、犬の寝ているサークルやゲージをダンボールで囲んだり、バスタオルをかぶせてみてあげてください。それだけで、だいぶ安心感が増して大人しく眠ってくれるようになるかもしれません。

また、赤ちゃんと同じでお腹がすいていると鳴くケースもあるので、少し夜ご飯の時間を遅らせると、夜中の空腹感で夜鳴きをすることがなくなります。

食べ盛りの子犬は特に夜中にお腹がすきますので、子犬の夜鳴きがひどい場合は一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加