柴犬のしつけ方について

柴犬

このエントリーをはてなブックマークに追加

柴犬


柴犬は日本犬種の中で飼育頭数が最も多く、1936年に国の天然記念物にも指定されている日本の代表的な犬種です。柴犬の特徴は、短かくてなめらかな毛質と、ピンと立った耳、くるりとカーブした尻尾などです。

均整のとれた体や機敏な動作、きりりとした表情やスマートな体つきなど、凛としたルックスで世代や性別を問わずたくさんの日本人たちに愛されている犬種です。柴犬は活動的な犬種ですので、犬と一緒に思いっきり駆け回りたいというアクティブな飼い主さんにもオススメ。

初心者でも比較的飼育がしやすい


柴犬は元々日本生まれの犬種ですので、日本の気候にも適した体質をしているために、初心者でも比較的飼育がしやすいのも人気の理由です。

キレイ好きな性格や、無駄吠えが少ないことでも有名で、海外では「吠えない犬」と賞賛されることもあります。ここ最近は日本以外の国でも人気を集めています。

また、通常の柴犬よりも小型の豆柴犬も、近年大変人気があります。ころころとした愛らしいルックスと、小型犬なので室内でも飼育しやすく、お年寄りや子供でも散歩がしやすいなどの魅力があります。

まずはリーダーとして認められることが大切


柴犬の性格は、飼い主に対して非常に忠実であると言われています。飼い主以外の人にも簡単になつくことがなく、警戒心を持つため、昔から番犬として飼われることも多々あります。

元々は山で動物の狩猟を手伝うための犬だったため、勇敢でタフな一面も持っています。しかし、柴犬は独立心が強く、勝気な性格も持ち合わせています。飼い主に忠実ではありますが、それはあくまでも柴犬が「立派な飼い主」だと認めた場合に限ります。

まずは主従関係をしっかり構築するように


柴犬が飼い主をリーダーであると認めていいないと、柴犬は自分の主張を先に貫こうとしてなかなか飼い主の言うことを聞こうとしません。他の犬でも同様に言えることではありますが、しつけを行う際にはまず主従関係をしっかり構築するようにしましょう。

ダメなことは毅然とした態度でしっかりと叱ったり、エサをあげるときには「お座り」「お手」「待て」を一通り行ってから食べさせるなどのやり方も効果的です。ときにはどんなに犬がじゃれてきても、必要以上にかまわずに毅然とした態度を意識することも必要です。

柴犬との快適な生活を送るためには、まずは飼い主がよきリーダーになることから始めましょう!子犬のときからしっかりとしつけをしておくと、さらに信頼関係が深まり主従関係も強くなるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の犬種のしつけ