伏せの教え方について

伏せはトラブル回避に役立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

伏せをする犬


犬が地面に胸をつけたまま動かずにじっとしていることを「伏せ」と呼びます。「伏せ」は、人が多くてごみごみしているときや、小さなお子さんが近くにいるときなど、犬にじっとおとなしくしていて欲しいシーンで便利な芸です。

また、散歩中に他の人や犬に対して急に攻撃的になってしまったときなど、興奮している犬の気持ちを落ち着かせるのにも有効です。危険なシーンに遭遇した際に障害物から身を守ったり、他の人に吠えるのをやめさせたり。余計なトラブルを回避するためにも大切なものなので、しっかりと身につけさせておきましょう。

ごほうびを使う方法が効果的


伏せを覚えさせるには、ご褒美を使う方法が効果的です。ご褒美は、大好きなおやつでも、遊び道具でも、優しく撫でてあげることでも構いません。

まずはおやつやオモチャなどのご褒美を手に持って、しっかりと握ります。その手を犬の鼻先に近づけて匂いをかがせるなどでして、その存在を認識させましょう。そして、手を降ろして地面に近づけます。

犬は手の動きにつられて自然と下を向き、胸を地面につけて「伏せ」の体制になるはずです。犬がその体制を少しの間キープしたら、はっきりと「伏せ」という言葉を発してからご褒美をあげましょう。

このアクションを数回繰り返すことで、犬は『飼い主が「伏せ」と言ったときにこの体制をキープすると、良いものがもらえる』と認識をするのです。

強引に犬を押さえつけたりするのは逆効果


手を地面につけてもなかなか犬が「伏せ」の姿勢をとらないときは、強引に犬を押さえつけたりするのは逆効果です。イヤな思いをすると拒絶反応が芽生え、ますます「伏せ」の体制をとらないようになってしまいます。

地面付近で手をちらつかせながら、粘り強くしつけていきましょう。また、犬が疲れていたり集中力が低下しているときに何回も同じ訓練をさせると、犬にとっての苦痛になってしまい、学習能力やモチベーションが低下してしまいますので要注意。

シチュエーションの異なる訓練もオススメ


また、毎回毎回おやつをあげているのも、犬の健康などを考えると良くありません。慣れてきたらご褒美をあげる回数を徐々に減らしていき、最終的にはご褒美がなくても「伏せ」をする習慣を身につけさせましょう。

散歩の途中や人ごみの中、飲食店や他人の家におじゃましたときなど…。「伏せ」はいつでもどこでもできるようになるのが理想的です。「伏せ」を覚えさせるときには、場所や時間を変えて様々なシチュエーションで訓練してみましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加