ハウスの教え方について

ハウスのしつけは犬にとっても重用

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウスで寝る犬


飼い主の指示にしたがって、犬が一定の位置に移動してステイするのが「ハウス」です。「ハウス」を命じるということは、犬を特定の場所に閉じ込めてしまう、ちょっとかいわいそうな行為…と思っている方もいるかもしれません。

しかし、実は「ハウス」は犬にとって“安心感や快適感”を与えることができるコマンドなのです。犬は、本来は土に穴を掘ったり巣の中で暮らしたり、穴倉を好む動物です。

もし犬小屋やゲージなどのハウスを与えずに、オープンな空間で飼い続けてしまうと、常に外敵の気配に怯えながら激しく吠える犬になってしまう可能性もあるのです。

また、小さい頃からずっと放し飼いにすると、ソワソワと落ち着きのない性格になり、飼い主の頭を悩ませることになる犬になってしまうこともあります。

まずは適正サイズのハウスを用意


まずは犬に「ハウス」を用意してあげましょう。開放的なゲージタイプや、屋根のついた小屋タイプなどがありますが、どんなデザインでも構いません。しかし、あまり広すぎるタイプは避けるようにしましょう。

寝床が大き過ぎると犬は落ち着けませんし、このハウスを寝るだけでなくトイレに使ってしまうこともあります。ハウスの中でも体の方向転換ができて、寝そべったときに少し余裕がある程度のサイズにしましょう。

ハウスの奥にごほうびを設置


ハウスが用意できたら、ハウスの奥におやつやおもちゃなどのご褒美を設置します。そのご褒美をエサに、犬をハウスの中に誘導します。犬がハウスの中に入ったところを見計らって、「ハウス」と口に出してはっきりと言います。

そして犬は無事ご褒美にありつけるのです。これを続けることで『飼い主が「ハウス」と言った際にこの中に入っていれば、ご褒美がもらえるんだ!』という認識ができるのです。そしてご褒美を与える回数を徐々に減らしていく中で、最終的にはご褒美がなくてもこの行動をとるようになるのです。

成功したらすぐに褒めてあげましょう


犬が嫌がってなかなかハウスの中に入ろうとしない場合に、怒ったりペナルティを与えるのは逆効果です。犬がストレスや不安を感じて、その行動をますます避けるようになってしまいます。

少し背中を押してハウスの中に入れ込んだり、抱っこしてしまう形になっても、中に入ったらすぐにきちんと褒めてあげましょう。

また、犬がハウスしているときに、ほったらかしにするのはよくありません。「ハウス=ひとりにされる」という孤独や不安を感じたら、「ハウス」の行動をあえて避けるようになってしまいます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加