お手の教え方について

お手は犬に教える芸のなかでも基本中の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

お手をする犬


犬を飼い始めて、まず最初に教える芸といえば「お手」です、自分の飼っている犬を他の人に会わせたときに、ほとんどの人が「このワンちゃんは、お手ができるのかな?」と試そうとするでしょう。

そのときに上手に「お手」ができていないと、「この子、ちゃんとしつけられていないんだ…。」とがっかりされてしまいかねません。「お手」は、その犬のしつけ具合を表すバロメーターと言っても過言ではありません。

一番メジャーな方法は、おやつを使うこと


お手を覚えさせるのは、他の芸よりも比較的簡単ですので、ぜひ初期の段階でマスターさせるようにしましょう。一番メジャーな方法は、おやつを使うことです。自分の手のひらに犬の大好きなおやつをのせて、そのおやつをしっかり犬に見せて認識させます。

そのおやつを犬が認識したところで、手を握っておやつを隠します。そしてその後、おやつを握った手を犬の目の前に突き出します。(このとき、手をしっかり握ったままで。)そうすると、犬はなんとかそのおやつを取ろうと必死で前足を手の上にのせたり、ひっかこうとしたりするはず。

ここで簡単におやつをあげてはいけません。犬がだいぶねばった後に、「お手」と言いながらおやつをあげましょう。こうすることで、犬の中に『飼い主が「お手」と言うタイミングで手のひらに自分の足をのせていると、おやつがもらえる』という認識が芽生えるのです。

「お手」を教える際に注意すること


犬がおやつほしさに必死になっているときは、頭がいっぱいで冷静な判断ができません、少しあきらめかけたくらいのタイミングで「お手」ということで、より犬は状況を理解しやくくなります。

また、いくら早くお手をマスターさせたいからといって、おやつを与え過ぎないように注意しましょう。オヤツを与えすぎてしまうと、犬は自らお手のポーズを取って飼い主にねだるようになってしまいます。

「お手」は、あくまでも飼い主がそう指示したときのみに行うから意味のあることです。それから、「お手」をした際に強く手をにぎったり、痛い思いをさせることのないように。「お手」=「痛い」と認識してしまうと、その後なかなか「お手」をしなくなってしまいます。

「お手」を覚えたらできること


お手をマスターできたら、ワンステップ上の芸を覚えさせることも可能です。例えば両前足をつかった「ハイタッチ」などがそのひとつです。

また、芸としてだけではなく、犬をケアする際にも「お手」は役に立つのです。散歩後室内に入る前に、汚れている前足をふきたいときや、爪を切るときなどに「お手」のポースをとらせると大変便利です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加