犬の噛み癖の直し方について

犬の噛み癖は子犬のうちからしつけるのがベスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

噛み癖がある犬


人間のように手を自由に使うことのできない犬は、「噛む」という手段をよく使います。しかし、子犬の甘噛みは比較的問題ありませんが、大きくなってから噛んでしまうと誰かを傷つけてしまうことがあるかもしれません。

また、噛む物にばい菌などが付着していると、犬の健康にもよくありません。余分なものを噛まないように、子犬のうちからしっかり教えておくことが大切です。

犬が噛むという行為の理由は?


犬が噛むという行為には、色々な理由があります。例えば、子犬の間は歯が生え変わる期間があります。この時期は口の中がどうしてもむずむずしてしまうので、色々なものをクッション代わりに噛もうとしてしまいます。

また、身体を撫でようとした人や遊んでくれている人を噛む場合は、喜んでじゃれている延長で噛んでしまいます。見知らぬ人に遭遇したときや、触られたくない箇所を触られそうになったときに噛むのは、攻撃的になっている証拠です。噛む理由をしっかり理解したうえで、しつけを行いましょう。

物を噛んだ瞬間に大きな音を出してみる


噛み癖をなおすための一番スタンダードな方法は、おやつやおもちゃなどのご褒美を与えながらしつける方法です。歯が生え変わる期間に口の中がむずむずしてし色々なものをクッション代わりに噛んでしまう場合は、物を噛んだ瞬間に「バチン!」と大きな音を出してみたり、「ダメ!」と叫んだりしてみましょう。

この音に犬は衝撃を受け、不快だと感じるようになります。このアクションを繰り返すことで、犬は「噛むと何か嫌なことが起こる」と認識をするようになります。同じ物を目の前にしても、それ以上犬が噛まないようになったら、ご褒美を与えてあげましょう。

遊ぶのを中断することで認識させる


身体を撫でようとした人や遊んでくれている人を噛む場合は、犬が噛んだ瞬間に「ダメ!」と強く言ってみましょう。まずはこれで犬に「飼い主に何か変化が起こった」と認識させます。

そしてその後は無視をして、遊ぶのをやめましょう。遊ぶのを中断することで、犬は何かよくないことをしてしまったという自覚を持ちます。このアクションを繰り返し、噛む回数が減ってきたご褒美を与えてあげましょう。

噛めないような事前対策も


犬が家具などを噛んでしまう場合は、噛めないような事前対策も有効です。例えば、噛まれたくない家具にはガードや柵を作ってみたり、噛んでも良いおもちゃをスグ近くに設置しておくなどの方法もオススメです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加