犬を叱る時は現行犯で叱るのが鉄則

犬は現行犯で叱らないと意味がない

このエントリーをはてなブックマークに追加

反省している犬


愛犬との暮らしの中では、時に怒らないといけない場面もでてきます。毎日が楽しいことだけではなく、間違えたことはしっかり直さなければいけません。

愛犬を怒るとき、みなさんはどんなタイミングで怒っていますか?間違えたことをしたその場できちんと怒っているでしょうか?粗相をしたトイレをきれいにした後?それとも、散歩から帰ってからでしょうか?自分のやっていたことが終った後でしょうか?

「現場」ですぐ怒ることがとても大切


何か悪いことをしたら「現場」で怒らないと、愛犬は何に対して飼い主が怒っているかが理解できません。無駄吠えをしたとき、トイレを間違えたとき、何かを噛んでしまったときなど、お散歩で他の犬にいたずらをしてしまった時。

怒らなければいけないシチュエーションはたくさんありますが、いつもその場である「現場」ですぐ怒ることがとても大切な「しつけ」のキーなのです。

犬と人間の子供はほとんど同じと考えましょう。その場で怒らないと、次に起こったことの記憶で自分がどんな間違えをしたか、忘れてしまいます。

忘れてしまったことに対して怒られると、どうして飼い主が怒っているのか?と不信感を抱いてしまいます。しつけをするときは、ひとつひとつ間違えたときにすぐ怒るというルールを忘れないであげて下さいね。

怒りすぎない、体罰を与えないことも重要


愛犬を怒るとき群れの「リーダー」らしく、威厳をもって叱っていますか?それとも、感情的になり、体罰をあたえたりしていませんか?感情的に怒っても愛犬をおびえさせてしまうだけです。もちろん、愛犬に馬鹿にされてしまうような甘やかした怒り方ではだめですね。

また、体罰を与えると逆に飼い主の言うことを聞かない犬になってしまうこともあります。愛犬にとって大好きな飼い主に叩かれたり大きな声で怒鳴られたりということは、とても恐ろしいことなのです。

叩きすぎは、逆効果?


愛犬を叩くというのは、一時的には言うことを聞かせる効果があるかもしれません。しかし、愛犬と長い時間を過ごすことを考えて下さい。うまく上下関係を築くうえで、体罰というのはやはりお勧めできる「しつけ」ではないのです。

体罰というのは心も体も傷つきます。せっかく今まで築いた信頼関係も、一瞬で壊れてしまうこともありますので要注意です。また、叩いたり怒鳴ったりという体罰を繰り返すと、中には飼い主に歯向かう愛犬もでてきます。自分自身が犬の立場であったら…と考えて、的確なしつけを心がけましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加