体罰による犬のしつけについて

犬は体罰でしつけてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

体罰が嫌いな犬


犬の「しつけ」をしているときに「体罰」を使っていますか?犬を叩いたりすることは、一時的に言うことを聞かせるのに効果があるかもしれません。ですが、「体罰」というのは「しつけ」のためには良くありません。

実は、逆効果になることの方が多いのです。犬とのこれからの長い生活を考えましょう。「体罰」を今すぐ止めることが、飼い主にも犬にも良いことです。

人間の子供にご家庭で「しつけ」をするときに「体罰」を使わないのと同じですね。きちんと話をして、していけないことは「体罰」以外のアクションで覚えさせる「しつけ」が望ましいことなのです。

信頼関係、上下関係があれば体罰は不要


愛犬と飼い主の間できちんとした上下関係が築かれている場合、「体罰」を行う必要がないはずです。

「体罰」がないということは、愛犬にも飼い主にもストレスが少なく、理想的な関係です。また、動物の世界では「リーダー」は「体罰」を使って群れを統率しません。信頼関係、上下関係が大切なことなのです。

「体罰」で傷つくのは両者


犬とは長い時間をともにします。「しつけ」には時間がかかるものです。毎日毎日の積み重ねです。焦ったり、怒りに任せて叩いたり、つねったり、怒鳴ったりという体罰を何度も繰り返すと、今まで築いた上下関係、信頼関係が壊れてしまうことが多いのです。

「体罰」は愛犬を攻撃的にしてしまったり、逆に萎縮させてしまったりするのです。一度、上下関係・信頼関係が壊れてしまうと再び良い関係になるのには更に時間がかかります。

「体罰」では愛犬の心は傷つき、飼い主も罪悪感を感じてしまいます。愛犬と飼い主の両者が傷ついてしまうのです。

お互いの気持ちを考えることが大切


「体罰」というのは心も体も傷つきます。犬はとても純粋な動物です。「しつけ」の過程の中で「体罰」を行うと、精神的なストレスにもなりますので、犬は何かを覚えたり学習しようという意欲をどんどん失ってしまいます。

愛犬の気持ちをよく考えて、自分の一時的な怒りを「体罰」でぶつけないであげましょう。きちんと「命令語」を使い、日々の「しつけ」を繰り返すことで愛犬はきちんと学んでいきます。

愛犬との生活で大事なことは、お互いの気持ちを考えることです。人間がされていやなことは愛犬にとっても嫌なことなのです。せっかく迎え入れることにした愛犬です。自分自身が犬の立場であったら、と考えて的確な「しつけ」をしたいですね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加