犬の食糞対策について

犬の食糞は問題である

このエントリーをはてなブックマークに追加

食糞した後の犬


犬の中には、自分の、もしくは他の犬の排泄物を食べてしまう「食糞」癖のある犬がいます。この行動は飼い主や周囲の人を驚かせてしまいますし、場合によっては食糞をしたことによって犬が体調を崩してしまうこともありますので危険です。

子犬の頃は、生まれたばかりであらゆるものに興味を示す時期なので、自分の排泄物にまで興味を示して口に含んでしまうことが多々あるようです。しかし、子犬だからと言って「しばらくすると、自然と食糞の癖も直るかな?」と放置していてはいけません。

子犬だって食糞をするのは犬の体調には良くありませんし、大きくなってからもその癖が直らなくなってしまう可能性もあります。食糞の癖は子犬のうちからきちんとしつけて直しておきましょう。

まずは食事内容を見直してあげる


犬が食糞をしてしまう理由は様々ですが、基本的には毎日与えるエサの内容に問題があるケースが多いです。犬もさすがに毎日同じ食事内容が続くと飽きてしまい、新たな刺激や味を求めて、廃絶物を食べてしまうこともあります。

また、エサの量が不足していると、犬は自分なりにおなかや栄養分を満たそうとして、目の前にある排泄物を食べようとしてしまうこともあるのです。

逆にエサの量が多すぎると、消化しきれなかった栄養分が排泄物に多く含まれているので、犬は本能的に「もったいない」と感じて食べてしまうこともあるのです。まずは自分が日々与えているエサの内容をもう一度見直して、適切&適量な食事内容にコントロールしてあげましょう。

ちょっとしたアイテムを使ってみる


エサの内容を変えても食糞がなおらない場合は、ちょっとしたアイテムを使ってみましょう。犬の糞に食糞防止用のふりかけやタバスコなどをかけてみるのも効果的です。

食糞防止用のふりかけはペットショップなどでも販売されています。これは犬が食糞を食べたときに「まずい」と感じる辛味成分などが配合されています。糞にかけるのではなく、あらかじめ犬のエサに混合しておくタイプもあります。

「ダメ!」の命令に従うことができればご褒美を


エサ以外にも「ストレス」「飼い主にかまってもらいたい」「生まれた直後にいたペットショップでの環境」などによって食糞をしてしまう犬もいます。

そんな犬には、食糞をしようとした瞬間に「ダメ!」と強い口調で命令をして、食糞がいけない行為であるということを犬に認識させるましょう。

そして、その命令に従うことができればご褒美をあげるようにしましょう。犬は「食糞をがまんすれば何か良いことがある」と認識し、次第に食糞を止めるようになります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加