犬への命令言を統一する大切さについて

命令語を統一しないと犬は命令を理解できない

このエントリーをはてなブックマークに追加

命令に従う犬


愛犬の「しつけ」が上手くいかない原因のひとつに、「命令語」がバラバラである、ということがあります。例えば、「待て」と「ウェイト」を家族がばらばらに使うと愛犬は混乱してしまいます。

私たち人間にはわかる言葉でも、愛犬にとっては全く別の言葉なのです。いけないことをしたら「ダメ」、ゲージに入れる時は「ハウス」など、家族内での「命令語」は徹底して統一しましょう。きちんと言葉を覚えることで「しつけ」がしやすくなるのです。

一度「命令語」を使ったら必ず覚えさせる


いろいろな言葉を駆使する人間とは違い、犬は言葉を「合図」のようなものとして理解します。人間が会話に言葉を使うのとは違うので、愛犬がきちんと「命令語」を理解できるよう、飼い主も気をつけなければなりません。

また、一度「命令語」を使った場合はその命令に従わせるようにしましょう。途中で私たち飼い主が心変わりをしたりすると、愛犬は「従わなくていい命令」と理解してしまいます。

一度「従わなくてもいいんだ」と思ってしまうと、「しつけ」が難しくなってしまいます。一度間違って覚えたことを直すのはとっても時間がかかることなのです。

「命令語」を使ってうまくできなかった時は、2度、3度ときちんと教えてあげることでサポートしてあげましょう。根気よく教えることも良い飼い主として必要なのです。

怒るときに使ってはいけない言葉


「しつけ」の上手くいかない原因のもう一つ。しかるときに愛犬の名前を大きな声で言ったりしていませんか?しかるとき、愛犬の名前を呼ぶと、自分の名前を嫌な言葉だと思ってしまうのです。

名前を恐い、嫌な声で呼ばれるとそれが忘れられなくなってしまうのですね。名前を呼ぶときは「かわいがるとき」「散歩のとき」「餌のとき」「褒めるとき」など、愛犬が喜ぶときにしてあげることが大切です。

褒めすぎるのもNG?


また、褒めすぎるということも愛犬にとっていいことではありません。褒められることが当たり前になると、飼い主の言うことを聞かなくなることもあるのです。

子供がわがままになってしまうのと同じで、甘やかすだけでは「しつけ」ができません。無駄に抱いたり、なでたりすることは避け、何か「命令語」に対してできてからにすることも大切です。

このように「命令語」や褒めることを上手に使い分けることで、これまで以上に愛犬とのコミュニケーションがしっかりととれるようになるのです。上手に「命令語」を愛犬に覚えさせながら、正しいしつけを行いましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加