来い・おいでの教え方について

来い・おいでは犬のしつけに必要不可欠

このエントリーをはてなブックマークに追加

来い・おいでに従う犬


遠くに離れた犬を自分のところに呼ぶコマンドが「来い」「おいで」です。一見当たり前のように思えるアクションですが、これを覚えているかどうかは大変重要です。

「来い」「おいで」を覚えていないと、犬が勝手に遠くに行って迷子になってしまったり、よからぬ事故に巻き込まれてしまう可能性もあります。

また、他の人に迷惑をかけてしまうかもしれません。犬の安全や周囲の方々への配慮という意味でも、「来い」「おいで」を身に着つけさせておくのは大切なのことなのです。「来い」「おいで」は、一度失敗してしまうと、なかなか再度しつけることができないといわれています。子犬のうちに正しくマスターさせておきましょう!

手招きなどのジェスチャーを加えて呼び戻す


「来い」「おいで」をしつける前には、まず「おすわり」と「待て」を覚えていることがマストです。こちらがまた身についていない場合は、先にマスターさせておきましょう。

まず犬に「おすわり」「待て」をさせて、そのまま飼い主は犬から数メートル離れます。そして「来い」「おいで」と、犬に聞こえるようにはっきりと大きな声で口に出します。

最初は犬が理解しやすいように、手招きなどのジェスチャーを加えてあげましょう。犬が自分のもとにやって来たら、優しく撫でたり、おやつやおもちゃを与えるなどしてたっぷりとご褒美をあげます。

この流れを数回、根気強く行います。これによって犬は『飼い主が「来い」「おいで」と言ったときに近くにいくと、何か良いことが起こる』という認識をするようになります。最初のうちは、失敗して犬が逃げてしまうことを防止するために、リードをつけた状態で行いましょう。

最終的にはリード無しで!


慣れてきたら、徐々に離れる距離を大きくして、最終的にはリード無しでも「来い」「おいで」ができるようになれば完璧です。一点注意することは、犬が人懐っこい性格の場合「来い」「おいで」と言うと、喜んで飛びついてくることがあります。

慣れた飼い主ならば構いませんが、もし他人がいきなり犬に飛びつかれたら驚いてしまいますよね。「来い」「おいで」で呼びよせた後は、おとなしく「おすわり」をするようにしつけることができればパーフェクトです。

最初から完璧を求めずに、気長にじっくりと


「来い」「おいで」をしつける際には、最初から完璧を求めずに、気長にじっくりと行う心づもりでいましょう。失敗するたびにイライラして、犬に怒ったりペナルティを与えることはNGです。

犬が「飼い主のもとに近づくと、何か良くないことが起こる」と認識してしまうと、なかなか近寄らなくなってしまいます。

犬にも飼い主にも余分な負担がかからないよう、食事や散歩などの日常的な場面をうまく利用しながら訓練していくことがオススメです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加