チワワのしつけ方について

チワワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

チワワ


小さな体と、うるんだ大きな目。キュートなルックスのチワワは、近年犬の人気ランキングでも常に上位をキープするほどの人気犬種です。もともとはメキシコの「チワワ地域」が原産地であり、それが名前の由来にもなっています。

世界的に公認された犬種の中で、最も小さな種類であると言われています。小型犬なのでマンションなどの比較的狭いスペースでも飼育がしやすく、若い女性を中心に人気が高まっています。

基本的に身体のサイズは小さいのですが均一ではなく、毛の色や瞳の色も多様です。外側にそった耳で体温調節を行ったり、「アップルドーム」と呼ばれるリンゴ型の額を持っていたり、他の犬にはない個性的な特徴も備えています。

飼い主への愛情は抜群!


チワワは非常に献身性が強く、飼い主には深い愛情を注ぐ犬種だと言われています。ただし、その愛情を誰にでも注ぐわけではなく、飼い主だけに集中させる傾向があります。

飼い主にはしっかりとなついているのに、他に人が抱っこをしようとすると、極端に嫌がったりおびえたりするケースがあるようです。飼い主への愛情が深いあまり、飼い主が他に犬をかわいがっている様子を見てやきもちをやくこともあると言われているほど。

また、チワワはその小さい体のイメージとは異なり、実はとても気が強い犬種でもあります。ときに大胆で、大型犬にもひるまずに吠えてしまうような勇敢な性格も持ち合わせています。

つまり、チワワは飼い主には従順でも、他の犬や人間に対して警戒心や攻撃心を持ちやすく、それによって必要以上にたくさん吠えてしまう可能性があります。

他の犬や人間と積極的にコミュニケーションを!


チワワが無駄に吠えない犬になるように、「吠え癖」は特にしっかりとしつけて、小さいうちから改善しておきましょう。まずは他人や犬に慣れさせて「吠える必要がない」ということを覚えさせることからスタートです。

そのためには、積極的に散歩に連れて行ったり、人と触れさせることで他人に慣れさせましょう。チワワは小型犬なので「家で遊ばせるだけでも十分に運動になる…」という理由で、散歩の回数を他の犬よりも減らしてしまう飼い主もいるようですが、これはNGです。

他の犬や人間とのコミュニケーション能力を高めておくためにも、積極的に散歩に連れて行き、色々な犬や人に触れさせましょう。他人が優しく撫でてくれたり、他に犬がチワワに攻撃することなくじゃれてくれたり…という経験を積むことで、「飼い主以外の人や犬も敵ではない」と認識させましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の犬種のしつけ